時候の挨拶 2月 (季節の挨拶)




時候の挨拶 2月 (季節の挨拶)

2月は春らしい季語・その他単語がありますが、実際には寒かったりします。
2月の時候の挨拶の文例と、それに使える2月の季語、是非ご利用ください。



時候の挨拶 2月

時候の挨拶 2月 【丁寧に】


・立春の候、ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。

・残寒のみぎり、春の訪れを心待ちにしているこの頃です。


時候の挨拶 2月 【少し改まって】

・暮雪のみぎり、まだまだコートが離せない毎日ですが、いかがお過ごしでしょうか?

・寒さもゆるみ、春らしい陽ざしが嬉しい季節となりました。お元気でお過ごしのことと存じます。

・春の柔らかな気配を感じるこの頃、いかがお過ごしでしょうか?



時候の挨拶 2月 【気軽に】

・例年にない大雪を迎え、春支度はまだまだ時間がかかりそうです。

・梅の便りが届く季節となりました、お元気でお過ごしでしょうか?




時候の挨拶2月の結び

【結び…丁寧に】 時候の挨拶 2月


・立春、春と言えどもまだまだ寒い季節です。お風邪などを召されませんよう。

・解氷の候、ますますのご活躍をお祈りしております。



結び 【気軽に】 時候の挨拶 2月

・季節は春に向かっています、そろそろ遊びに出かけましょう。

・寒のもどりもありますので、お身体には十分お気を付けください。






2月 季語

立春・残寒・余寒・寒明け・晩冬・晩寒・残雪・暮雪・解氷・春寒

『~の候』『~のみぎり』という形で使います。
その後に『ご清栄のこととお慶び申し上げます。』などの言葉が続けます。




時候の挨拶 2月の草花

2月 草花
猿捕茨(サルトリイバラ)・くす玉の実 (クスダマノミ)・
繁縷(ハコベ)・霜柱(シモバシラ)・大犬のフグリ(オオイヌノフグリ)・
蕗薹(フキノトウ)・万年青(オモト)・青木(アオキ)・梅の花(ウメノハナ)・
熊笹(クマササ)・杉の実(スギノミ)




恵方巻き食べ方

節分・恵方巻き…【時候の挨拶2月に活用できそな事柄】
昔は、季節の分かれ目に行う行事を節分といい、病気・災害等を鬼見立てて、
追払う行事を行っていました。今では立春の行事【節分】といいます。
豆をまき、『鬼は外、福は内』と言います。 
保育園・幼稚園では楽しい行事ですね。
また、節分には恵方に向かって、巻き寿しを食べます。
『吉方に向かって、太巻寿司1本を黙って食べればいい』と言われています。
関西から始まったと言われる恵方巻きですが、今では全国で行われています。


------

  • ---------
  • ---------
  • ---------
  • ---------
  • ---------
  • ---------