ひな祭りとは

  • Home
  • 【楽天市場】


ひな祭り。

3月3日に行われ、【桃の節句】とも呼ばれ女子の祭りで、すこやかな成長を祝う意味合いもあります。
平安時代から始まったといわれる日本の伝統で、
ひな人形をかざり菱餅・白酒・桃の花などをそなえる年中行事です。

ひな人形
ひな人形は子どもの身代わりとなり、事故や病気から守ってくれる。子どもの健やかで幸せな成長を祝うために飾る。現在では、健康になりますように!という願いよりも、女の子が【素敵な女性に育ちますように】、【幸せに育ちますように】などの願いを込めてお祝いする事が多いです。
ひな人形は節句が終ったらすぐに片付けた方が、良いとされるのは、ひな人形は子どもの災厄を身代わりとなり、守ってくれると考えられているため、身近においておかないで早くしまわなければ縁起が悪いと言われる。
また「雛人形の片付けが遅れるとお嫁に行くのが遅くなる」と
もいわれる。

ひな祭り・ちらし寿司・はまぐり
ひな祭りのお料理として、ちらし寿司があげられますが、何故かということは、調べてみました定かではなく、具の中に海老や菜の花を用いることが多く、腰のまがった海老は長生きを願う象徴として、菜の花は春らしさを表わしています。
また、華やかなお料理なので、ひな祭りにぴったりです。
ひな祭りには、はまぐり(はまぐりのお吸い物)もよく食され、はまぐりの貝殻は貝合わせという遊びにも使われるように、一対になっている相手以外とは合いません。
こうしたことから、一人の人と生涯連れ添うようにという願いがこめられています。

ひな祭り お菓子等々
菱餅(ひしもち)赤・白・緑の三色の餅をひし形に切って重ねたものを飾り、華やかなお菓子雛あられ(ひなあられ) ・白酒を楽しみます。最近ではお子様が主役である、ひな祭りとなっていますので、白酒のかわりに、(ノンアルコール)甘酒を利用させれることが多くなっています。

最近ではひな祭りは、鴻巣市のびっくりひな祭り・
四万十街道のひな祭りのような、大きなイベントとしても行われている。